月謝で負担することになる

先生と生徒

中学受験を考えているときに、小学校だけでの勉強では受験に合格するのは難しいです。学習塾でサポートを受けるのが普通であり、入塾をして中学受験に必要となる勉強をしていきます。学習塾では月謝を負担することになり、大体月に数万円程度の費用が発生することになります。低学年から学習塾に通っておいたほうが、学習リズムに自然と慣れていくことができますから、それ相応の費用の負担を覚悟しておくのが大切です。基本的に低学年のほうが月謝が安くなりやすいので、早めに学習塾を利用したほうがお得かもしれません。

入会金や教材費を負担する必要もある

授業

中学受験のために学習塾を利用する場合は、専用の教材を購入しないといけない可能性が高いです。また入塾をするときに入会金を請求するようなケースもあるので、入会金と教材費についても用意しておかないといけません。

少人数制のほうが高くなりやすい

学習塾を利用するときに、大人数で授業をおこなう所と少人数で集中して授業をおこなう所があります。両方とも子供が勉強できることに違いはありませんが、少人数で授業をしてくれる所のほうが子供の成長に合わせて授業を進めてくれる可能性が高いです。ただ少人数制のほうが月謝が高くなりやすいので、その点も意識して通う学習塾を選んでいく必要があります。中学受験を成功させるには子供に合った勉強できる場所を用意しないといけないので、学習塾選びは子供と話し合いながら決めていくのが大切です。

広告募集中